ソニー生命に入社・・・・
・・・・・本日は宜しくお願い致します。ソニー生命をお知りになったのは、いつ頃できっかけは何でしょうか。
黒﨑・・・・妻がソニー生命の契約者でした。そして妻から『貴方も話を聞いてみれば』と勧められてお話を聞いたことがきっかけです。それまでは、ソニー生命という名前も知りませんでした。初めてお会いした時は男性の営業マンが来てカルチャーショックというか驚きました。そして最初は、生命保険の仕組みをしっかりと教えてもらい『これは凄い』と感じました。恥ずかしい話なのですが、生命保険は親に任せていて全然タッチしていませんでしたので。

・・・・ライフプランナーになろうと思ったきっかけを教えて下さい。
黒﨑・・・・私が前職でやっていた仕事は、中々長いお付き合いが出来ない業種でした。お客さまと長くお付き合いがしたいなと思って頃に、ソニー生命から声を掛けて頂き『ソニー生命のライフプランナーという仕事ならそれが出来る。お客さまと長いお付き合いが出来る』というお話を頂きました。それは良い仕事だと思いましたが、実は悩みまして2年かかりました。
前職では、全国転勤がありました。その時は、会社の事業再編があり、地場企業だったのが全国規模になってしまい、全国転勤の可能性が出てきた時でした。地元の鹿児島に居ながら仕事をしたいと思っていましたので、やはりライフプランナーという仕事は魅力的だと思いました。



・・・・それではソニー生命に入社を決めた決定的な理由を教えて下さい。
黒﨑・・・・先ほども言いましたが、お客さまと長くお付き合いが出来る仕事だと感じた所が一番大きいです。それから、C.I.P.(キャリア・インフォメーション・プログラム)で聞いたのですが、ソニー生命が保険業界を変える、という話に共感し惹かれました。コンサルティングによる「オーダーメイドの生命保険」という方法に一番感動し響いたのだと思います。
そしてソニー生命の報酬体系も魅力と感じました。サラリーマン時代とは違いますので、勿論リスクも考え、決断までは悩み2年かかりました。再び声を掛けて頂いた時には気持ち決まっていました。


黒﨑崇とは・・・・
・・・・黒崎さんのお客さまになるとどんな良い事がありますか。
黒﨑・・・・私はお客さまの事を本当に親身になって考えますので、とにかく長いお付き合いをしたいと思っています。ご契約を頂いてから、私が退職するまで、その後も若いライフプランナーに引き継ぎしていきたい。その点をご理解して頂ければ生命保険はずっと続けていけると思っています。人生の見直しがある時、節目がある時に相談出来る人間がいた方が良い、相談できる一人になれれば良いと思っています。

・・・・黒崎さんにとってライフプランナーとは何でしょうか。
黒﨑・・・・一生涯のパートナーだと思います。ソニー生命のライフプランナーはそういうイメージが強いですね。
やはり色々な事を相談出来る人。生命保険やお金の事だけではなく。住宅購入、自動車の購入、教育の事そういったご相談が来ますので、気軽に相談できるのがライフプランナーではないかと思います。そんな風にお客さまに声を掛けて頂けたら、生命保険だけではない価値が提供できる事がライフプランナーではないでしょうか。理想は全てのお客様からそういったご相談を頂けるライフプランナーです。

・・・・それでは黒崎さんの長所を教えて下さい。
黒﨑・・・・無駄に大きい所でしょうか(笑)よくお客さまから言われるのですが、『黒崎さんは目立つから直ぐ分かる』。そして話しやすいとも言われます。見た目は背が高くて怖いというイメージなのですが、話してみるとそうではない、というギャップでしょうか。それが話しやすいと言われることはあります。
そして、明るい点が長所だと思います。落ち込む時もありますが回復が早いです。

・・・・それでは欠点を教えて下さい。
黒﨑・・・・飽きやすい点でしょうか。飽きやすいといいますか継続性が無いのではと最近思います。要は一つの事にこだわってずっと続ける事もあれば、あれこれ手出しし、長続き出来ないという所があるのかなと思います。
それからプライベートでは、忘れっぽい所でしょうか。。物忘れが激しい(笑)。よく妻から言われます。『○○買ってきて』と言われても必ず自信満々で忘れてしまいます(笑)。

生命保険とは・・・・

・・・・生命保険の保険料は、高額商品に分類される事があると思いますが、どう思いますか。
黒﨑・・・・私は高額商品だと思っていません。絶対に必要なものだと思っていますし、お客さまにもお話ししていますが、お金はかかりますけど無いと困るものですので、高額商品とは思いません。
お客さまも生命保険の内容をしっかりと理解されていれば、そのようには思わないのではないでしょうか。その意味合いをしっかりと伝えていかなければならないと思っています。

・・・・黒崎さんにとっての生命保険とは何でしょうか。
黒﨑・・・・自分が加入している物として考えれば、絶対に必要な物だと思います。、私が絶対に必要だと思っている事は、お客さまにも絶対必要な事だと思っていますので。ライフプランナーという仕事を伝えなければいけない、という事をいつも感じています。お会いするお客さまの全てに、『大事です』というお話を必ずしています。何故、大事なのかという点はよく理解できないと思いますので、私たちライフプランナーがお伝えする点だと思います。
生命保険は、そのご家庭を守れるものだと認識しています。それ相応の預貯金、現金を持たれていれば生命保険は必要無いと思います。その点をご理解して頂きたいと思っていますし、お客さまにも思って頂きたい。

・・・・ライフプランナーになって一番嬉しかった事は何でしょうか。
黒﨑・・・・お客さまからの『ありがとう』という言葉です。私が入社時に感じた『凄いですね』という想いを、お客さまが感じられて、『ありがとう』と言って頂く事が一番嬉しい。『初めて生命保険の事が分かりました』、給付金支払いの手続きの時に『あなたに勧めて貰って良かったです』とお客さまから感謝される事が、ライフプランナーをやっていて良かったと思います。
それから、私が新人の頃にご結婚され、出産されたお客さまの子供さんたちが大きくなっていく事を実感し、中学生だった子が成人して、その子たちのご契約をお預かりした時は感動しました。こうして続いて行く事がライフプランナーの醍醐味であり楽しみだと思います。今度は、この人たちが結婚した時にお役に立てるかなと思ったりもしていますし、実際に子供さんにお話しする機会があると、『こんな話だったのんですね。だから親は加入したのですね』と言われた時には、ライフプランナーをやっていて良かった、こういう事が繰り返して行くんだろうと感動しました。

・・・・最後にこれからのお客様にメッセージをお願いします。
黒﨑・・・・初めまして。私はお客さまと、とにかく長いお付き合いが出来る人間だと思っていますので信用して頂きたいと思います。まずは、生命保険の仕組みをしっかりご理解して頂いてから、ご契約をして頂けたらと思います。これから先の色々な節目、節目の時にいつでも気軽に相談できるライフプランナーという存在となりますので、是非私を信用して頂きご契約して頂ければと思います。

---ありがとうございます。
(取材UMI 2018年)